Your browser does not support JavaScript!

MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド ◆◆◆ ドライバー CE | | キャロウェイゴルフ公式サイト

text.skipToContent text.skipToNavigation
スペック
MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド ◆◆◆ ドライバー CE

MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド ◆◆◆ ドライバー CE

勝つために磨き上げられたフォルムと性能
ツアープロ専用MAVRIK、限定発売
昨年、プロのためだけにつくられた「EPIC FLASH Sub Zero ダブルダイヤモンド◆◆ドライバー」「EPIC FLASH Sub Zero トリプルダイヤモンド◆◆◆ドライバー」がCALLAWAY EXCLUSIVEにおいて発売され、そのレア度から、あっという間に完売となりましたが、今年も見逃せない製品が登場です。市販モデルよりも洋ナシ型をしたフォルムの「MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド◆◆◆ドライバー」と、ヘッド体積が440㎤と小ぶりな「MAVRIK 440 ドライバー」。どちらも昨年同様、ツアープレーヤーに供給するべく開発された希少なバージョンです。それぞれに9.0度と10.5度のロフトをラインアップし、もちろん数量限定。カスタム対応品なので、お好みのシャフト、グリップを選ぶこともできます。CALLAWAY EXCLUSIVEだからこそ可能なスペシャルリリースです。

Features &
Benefits

  • 「Sub Zero トリプルダイヤモンド◆◆◆」はプロに人気の洋ナシ型MAVRIK ドライバー ツアーバージョンは、2つのモデルをラインアップ。「MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド◆◆◆ドライバー」は、市販モデルよりも洋ナシ型のヘッド形状をしており、これはツアープロ、上級者が好む伝統的なフォルムです。ヘッド体積は市販モデルと同じ450㎤で、ヘッド特性としてはフェードバイアスとなっており、左へのミスを気にすることなく、叩いていくことのできるモデルとなっています。バルジとロールが抑えられたフェースとなっているため、ターゲットにより合わせやすくなっているところも注目です。
  • 「440」は小ぶりな440㎤で、高いボールコントロール性を発揮「MAVRIK 440ドライバー」は、名前のとおり、体積が440㎤と、小ぶりなヘッド設計が最大のポイント。よりシャープに振りぬきたい方や、球筋をより思いどおりにコントロールしたい方にフィットするヘッドと言えます。また、「MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド◆◆◆ドライバー」と同様、バルジとロールが抑えられたフェースとなっているため、ターゲットにより合わせやすくなっています。ソールは、後方に向かって高くなるハイバック形状になっていて、ソールウェイトは、「MAVRIK Sub Zero ドライバー」と同じく、前後に2つ装着されているところも大きな特徴です。
  • フェースはもちろん、AIによる「FLASH フェースSS20」を採用2つの「MAVRIK ドライバー ツアーバージョン」には、市販モデルでも話題となったFLASH フェース SS20を搭載しています。従来よりも増強されたAIとスーパーコンピュータで多くのバーチャルモデルを試作し、完璧になるまで解析。その結果、前作のFLASH フェースよりも高初速エリアが拡大され、芯を外しても高いボール初速を生み出すフェースとなっています。
  • シリアルナンバーにツアープレーヤー向けの証「TA」の刻印「MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド◆◆◆ドライバー」「MAVRIK 440 ドライバー」ともに、市販モデルにはない表示やデザインがなされています。まず、ヘッドのヒール側には、「MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド◆◆◆ドライバー」では3つのダイヤモンド(◆◆◆)、「MAVRIK 440 ドライバー」には、1つのダイヤモンド(◆)が描かれています。また、シリアルナンバーには、ツアープレーヤー向け検品基準を満たしたモデルであることを示す、「TA」の刻印が入れられています。さらに、フェースのスコアラインの模様も、異なるものとなっています。
  • カスタム対応で、お好きなシャフト、グリップも選択可能「MAVRIK Sub Zero トリプルダイヤモンド◆◆◆ドライバー」「MAVRIK 440 ドライバー」は、それぞれにロフト9.0度、10.5度の2種類を用意しています。また、どちらもカスタム対応品となっていますので、豊富なラインアップからお好きなシャフト、グリップを選ぶことができます。