Your browser does not support JavaScript!

プロに愛される特別なウエッジ「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」が登場! | キャロウェイゴルフ公式サイト

プロに愛される特別なウエッジ「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」が登場!

2022.04.19 招待する
キャロウェイのウェッジラインアップに、新たなモデルの「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」が登場です。名前のとおり、JAWS FORGEDウェッジにメッキを施していないタイプで、USPGAツアーでも日本ツアーでも、すでに多くのプロが使用しているウェッジです。ロフトは、46度から60度まで2度刻みで8種類。CALLAWAY EXCLUSIVEからのリリースとなります。

ここで整理しておくと、最初に登場したのがJAWS FORGEDウェッジ(メッキ)で、続けてJAWS FORGEDウェッジ ツアーバージョン(ノーメッキ)、JAWS FORGEDウェッジ ツアーバージョン(メッキ)と発売され、さらに今回の「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」となります。ノーメッキタイプとしてはJAWS FORGEDウェッジ ツアーバージョンがすでに存在していたことになりますが、こちらはロフトが56度と60度の2種類で展開。異なるロフトを求めていた人をはじめとして、まさに待望のノーメッキタイプ登場と言えるのではないでしょうか。

「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」の特徴は、多くの部分をJAWS FORGEDウェッジから引き継いでいますが、ここであらためて振り返っておきましょう。まず挙げられるのは、そのフォルムです。JAWSウェッジ以上にストレートになったリーディングエッジや、ホーゼルから繋がるラインのスムーズさ、オフセットの少なさは、多くのツアープロ、上級者が好むところで、ターゲットに対してとても構えやすい顔つきとなっています。

また、重心位置の最適化も見逃せません。バックフェースの厚みのある部分をロフトによって変化させており、ロフトが立っているモデルは下部を厚め、ロフトが寝ているモデルは上部を厚めにしています。一般的に打点は、ロフトが小さくなるほど低く、ロフトが大きくなるほど高くなりますが、このバックフェースの厚みの調整により、重心が打点により近いところへと配されていることになります。この重心位置の最適化は、ロフトごとに求められる最適なスピンを、安定してもたらします。

フェース面に刻まれた溝は、鋭いエッジが特徴的な37Vグルーブ(46~52度は20Vグルーブ)。これだけでも強烈なスピンを生み出しますが、今回はノーメッキということで、さらに鋭さが際立つこととなり、ボールに食いつく力は絶大です。もちろん、ノーメッキがもたらすインパクト時のフィーリングも忘れてはなりません。「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」は、ソリッドでありながら、とても心地の良い打感を、ゴルファーの手に残してくれます。

「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」を使用しているキャロウェイ・スタッフプレーヤーとしては、やはりジョン・ラームに触れないわけにはいきません。昨年、初めてメジャーを制した際、ラームは52、56、60度の「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」をバッグに入れて戦っており、今年のメジャー第1戦にも同じラインアップで臨んでいました。また国内では、石川遼プロも代表的な愛用者として挙げられます。

ジョン・ラームの「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」。左から52、56、60度


発売は、キャロウェイ オンラインストアCALLAWAY EXCLUSIVE製品取扱店舗からとなります。すでに詳細は公式サイトにアップされていますので、チェックしてみてください。

「JAWS FORGEDウェッジ ノーメッキバージョン」の製品情報はコチラ!