Your browser does not support JavaScript!

「ジョン・ラーム」がキャロウェイゴルフと契約 | キャロウェイゴルフ公式サイト

210105_top

「ジョン・ラーム」がキャロウェイゴルフと契約

2021.01.05 招待する
新年早々、アメリカからビッグニュースが飛び込んできました。現地時間の1月4日、ワールドゴルフランキング2位(2020年12月27日現在)のジョン・ラーム(スペイン)が、キャロウェイ・スタッフプレーヤーの一員になったと発表されました!

ラームは、1994年11月10日生まれの26歳。2016年6月の全米オープンでローアマに輝いたのちプロ転向し、それ以来、12勝(ツアー外の2018年ヒーローワールドチャレンジを含む)を挙げています。プロ初優勝は2017年ファーマーズインシュランスオープンで、USPGAツアーでは計5勝。昨年の2020年には、ザ・メモリアルトーナメントの優勝により、ワールドゴルフランキング1位にも上り詰めました。また、プレーオフシリーズ第2戦のBMWチャンピオンシップにおける、20mを超える複雑なラインのロングパットを沈めて勝利をもぎ取ったシーンは記憶に新しいところです。ヨーロピアンツアーでは、これまで6勝しており、2019年には3勝を挙げて年間チャンピオンを獲得。アメリカとヨーロッパの対抗戦、ライダーカップにも、ヨーロッパ選抜として2018年大会に出場しています。

210105_1

じつは、ラームとキャロウェイのつながりには深いものがあります。アリゾナ州立大学に在学したアマチュア時代には、キャロウェイ、オデッセイ製品を使用しており、計11のトーナメントで優勝。この11勝という成績は、キャロウェイ・スタッフプレーヤー、フィル・ミケルソンに次ぐ、同大学歴代2位の記録となっています。また、全米のベストカレッジプレーヤーに贈られるベン・ホーガン・アワードを、史上初めて2度(2015、2016年)受賞し、世界アマチュアランキング計60週1位という歴代最多記録も樹立。この60週という数字は、現在も破られていません。

ラームは今後、キャロウェイのクラブ、ボール、オデッセイのパターを使用すると同時に、TravisMathewのアパレルも着用する予定となっています。最新のキャロウェイ、オデッセイ製品に早くも手応を感じている様子で、「チームキャロウェイに加われて、とても幸せです。次のトーナメントが待ちきれません。新しいセッティングでの最初のラウンドでは、シルバーリーフカントリークラブ(アリゾナ州)のコースレコード、59をたたき出しました。新しいクラブセッティングに確信を持っています。とくにゴルフボールは、テスト段階から本当に素晴らしいと思わせてくれています」と、ラームは語っています。

一方、キャロウェイゴルフ・カンパニー社長兼CEOのチップ・ブリューワーも、今回の契約に際して、コメントを発表。「新しいキャロウェイ・スタッフプレーヤーとして、ジョン・ラームを迎えられることを誇りに思います。我々の製品を使ってくれていた大学時代から、私たちは彼を評価していました。再びキャロウェイ、オデッセイの製品でプレーし、自らのゴルフをさらなるレベルへ引き上げようとしている彼を見られるのは、とてもエキサイティングなことです」と、ラームに対して賛辞と期待の言葉を贈っています。

210105_2

ラームは、キャロウェイのツアーチームとセッティングの細かなスペックについてしっかりと話し合いを重ね、調整をしています。キャロウェイ・スタッフプレーヤーとしてのデビュー戦は今週の1月7~10日にハワイ・マウイ島で行われる、USPGAツアー2021年初戦、セントリートーナメント of チャンピオンズ。この試合でキャロウェイのプロトタイプドライバー、アイアン、そしてCHROME SOFT Xボールを使用することになっています。他のキャロウェイ・スタッフプレーヤーとともに、ジョン・ラームのプレー、手にしているクラブなどにも、ぜひご注目ください!

ラームを歓迎するキャロウェイゴルフ・アメリカ本社が制作した“Welcome to Team Callaway”のアニメーションです。こちらも合わせてお楽しみください。