Your browser does not support JavaScript!

ドライバー使用率No.1! 国内男子ツアー キャロウェイドライバーを使用したプロたち | キャロウェイゴルフ公式サイト

ドライバー使用率No.1! 国内男子ツアー キャロウェイドライバーを使用したプロたち

2022.04.05 招待する
いよいよ日本男子ツアーの国内での戦いが始まり、最初の一戦の「東建ホームメイトカップ」では、キャロウェイのドライバー使用率は、27.3%(36名使用)でNo.1*となり、そのなかでいちばんの使用者数となったのは、「ROGUE STシリーズ」で36名中28名でした。今回は、キャロウェイドライバーを使用したプロと使用モデルを一部ご紹介します(それぞれ五十音順)。
*使用ドライバーの情報はすべて、ダレルサーベイ調べ

<キャロウェイ・スタッフプレーヤー>
●石川遼プロ
ROGUE ST MAX LSドライバー 10.5度
●河本力プロ
ROGUE STプロトタイプドライバー 9.0度

左/石川遼プロ 右/河本力プロ



​​​​​​​●アンソニー・クウェイルプロ
ROGUE STプロトタイプドライバー 8.5度
●中里光之介プロ
ROGUE STプロトタイプドライバー 9.0度

左/アンソニー・クウェイルプロ  右/中里光之介プロ



<ドライバー契約プロ>
●池上憲士郎プロ
ROGUE STプロトタイプドライバー 9.0度
●市原弘大プロ
ROGUE STプロトタイプドライバー 8.5度

左/池上憲士郎プロ  右/市原弘大プロ



●マシュー・グリフィンプロ
ROGUE STプロトタイプドライバー 8.5度
●杉本エリックプロ
ROGUE ST MAX LSドライバー 9.0度

左/マシュー・グリフィンプロ 右/杉本エリックプロ



●ジェイ・チョイプロ
ROGUE STプロトタイプドライバー 8.5度
●ショーン・ノリスプロ
EPIC SPEED ◆◆◆ LSドライバー 8.5度

左/ジェイ・チョイプロ 右/ショーン・ノリスプロ



●トッド・ペクプロ
ROGUE ST MAX LSドライバー 9.0度

トッド・ペクプロ



計11人中、プロトタイプを使用したのが8人となりましたが、プロトタイプのなかでも3種類に分かれており、その点で見れば、どのモデルも同じような割合でチョイスされていると言えます。それぞれにどんな違いがあり、どの部分が各プレーヤーの選択の理由となったのか、興味深いところです。

開幕戦でのキャロウェイのドライバーは、使用率だけでなく、結果も見事でした。河本力プロが7位、中里光之介プロとショーン・ノリスプロが9位タイ。また、他のトップ10プレーヤーのなかにも、「ROGUE STシリーズ」のドライバーを使用したプロがいました。今回の大会では、ドライビングディスタンスのデータが計測されていなかったため、飛距離がどのくらい出ていたのかはわかりませんが、ともかく、まずまずの良いスタートを切ったと言えるでしょう。今後もぜひ、活躍にご期待ください。

ROGUE STドライバーシリーズ 製品紹介はコチラ!
新しいROGUE ST シリーズ(ドライバー)を打ってみた!