Your browser does not support JavaScript!

ツアー会場にODYSSEY TOULONパターのNEWモデルが登場 | キャロウェイゴルフ公式サイト

ツアー会場にODYSSEY TOULONパターのNEWモデルが登場

2021.11.05 招待する
ツアープロにも人気の高い、オデッセイでただ一つのノンインサートシリーズ、TOULONパターから、最新のラインアップが発売されることになり、今週行われている「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」のツアー会場にて、ツアープロ向けのプロモーションがスタートしました!

従来のTOULONパターでは、重量調整用のプレートがソール中央部分に装着されていたところが特徴的でしたが、最新モデルでは採用されていません。それに代わって目に入ってくるのが、フェース寄りのトウ、ヒール部に搭載されているタングステンウェイトです。このウェイトにより、新しいTOULONパターのヘッドは浅重心化されています。

ツアー会場でのプロモーションでは、新しいTOULONパターへの注目度の高さが目立ちました。そもそもプロ向けのプロモーションとは、試合の練習日にツアープロに新しいパターを紹介し、興味があれば実際に試打してもらったり、使用感を聞いたりする機会。今回お披露目したTOULONパターは、多くのツアープロから関心を集めていました。

実際に手にしたプロたちのコメントをご紹介しましょう。キャロウェイ・スタッフプレーヤーの重永亜斗夢プロは興味津々な様子で以下のように語ってくれました。 「前作よりもやさしく打てます。インサートが入っているかのように打感が柔らかく、どこで打っても芯で打っているかのように感じます。転がりも良くて、入るイメージを出しやすいですね」

さらに別のツアープロからは、「黒いヘッドがカッコいい! 打つと、くっつく感じで打感が柔らかい」「フェースに乗る感覚があって、打感がいいですね」という感想が聞かれました。

新しいTOULONパターは、フェース面にも進化が見られます。これまでのTOULONパターのフェースには、ひし形の深いミーリングが入れられ、そのひし形のなかにドットに近い短いラインのミーリングも入った、ダイヤモンドミル・フェースと呼ばれるパターンが刻まれていました。一方、今回のニューモデルでは、ドットに近い短いものとは異なり、ラインのミーリングひし形の中央部を貫く形でラインをミーリング。結果、数多くの三角形が並んでいるような状態となっており、この新しいパターンはダイヤモンドグルーブ・フェースと名づけられています。

製品の詳細や発売日は、また後日あらためてお知らせします。新しいTOULONパターを使用するプロが今後増えてくることも考えられますので、ぜひツアーのグリーン上にもご注目いただきながら、続報を楽しみにお待ちください!