BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
BROOMSTICK 2-BALL パター
¥28,800 から (税抜き)
価格はオンラインストア販売価格です。
カタログ価格はこちら
Gender & Hand:
シャフトを選択:
長さ
¥28,800 から (税抜き)
在庫:

アンカリング禁止でも、ふたたび脚光! 長尺モデルが最新インサート搭載で復活
オデッセイのラインアップに、長尺パターが再度、加わります。その名も、BROOMSTICK(ほうき) パター。2016年のアンカリング禁止により、長尺パターの存在理由はなくなったかに思われました。しかし、一部を体に固定しなければ使用することはが可能ということで、多くのツアープレーヤーがふたたび手にするようになっており、好結果をもたらしている事例も少なくありません。もちろん今回は、ただ復活させるのではなく、フェースに最新の「ホワイト・ホット マイクロヒンジ・インサート」を搭載。テクノロジーもアップデートしての再登場です。

LINEで簡単な質問に答えるだけでOK!キャロウェイ クラブセレクター ツール  くわしくはこちら

Putters

詳細情報

アンカリング禁止でも、ふたたび脚光! 長尺モデルが最新インサート搭載で復活
オデッセイのラインアップに、長尺パターが再度、加わります。その名も、BROOMSTICK(ほうき) パター。2016年のアンカリング禁止により、長尺パターの存在理由はなくなったかに思われました。しかし、一部を体に固定しなければ使用することはが可能ということで、多くのツアープレーヤーがふたたび手にするようになっており、好結果をもたらしている事例も少なくありません。もちろん今回は、ただ復活させるのではなく、フェースに最新の「ホワイト・ホット マイクロヒンジ・インサート」を搭載。テクノロジーもアップデートしての再登場です。

LINEで簡単な質問に答えるだけでOK!キャロウェイ クラブセレクター ツール  くわしくはこちら

アンカリング規制後もツアープロに人気となっている長尺パター

1990年代、そして2000年代と続いた長尺ブームは、2016年からのアンカリング規制の施行により終焉を迎えました。しかし、現在も多くのツアープレーヤーが、体に接触させないパッティングスタイルで長尺パターを使用し、活躍を続けています。BROOMSTICK パターは、彼らと同様に、アマチュアゴルファーのパッティングの悩みを解決する選択肢となり得ます。

ヘッドには2-BALLを採用し、WINNグリップ社製の長尺用グリップを装備

BROOMSTICK パターのヘッドには、かつての長尺ブーム時代でも大人気だった2-BALLを用意しました。そのヘッドのソール部には、BROOMSTICKという名前が刻印され、さらにBROOMSTICK(ほうき)のイラストも描かれており、ユニークなデザインとなっています。グリップには、WINNグリップ社の長尺用ラウンドスプリットグリップを採用しています。パター長さは、45インチをラインアップ。

ホワイト・ホットとマイクロヒンジを融合した最新フェースインサート

BROOM STICK パターには、すでにEXO パターなどで性能が実証されている新しいフェースインサート、「ホワイト・ホット マイクロヒンジ・インサート」が搭載されています。ともに高い人気を得ている、ホワイト・ホットとマイクロヒンジが夢の融合を果たして完成したインサートで、プレーヤーは、マイクロヒンジのボールの転がりの良さと、ホワイト・ホットの、ソフトでありながらソリッドな打感、打球音を、同時に手にすることができます。