ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター
ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター
ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター
ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター
ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター
ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター
ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター

ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター

2月21日 発売予定
価格はオンラインストア販売価格です。
カタログ価格はこちら

「TEN」で話題沸騰のシリーズに 5つのヘッドが追加ラインアップ
ツアープロも愛用している、慣性モーメントを極めた新形状ヘッド、「TEN」が話題沸騰中の「STROKE LAB BLACK シリーズ」に、新たなヘッドタイプが加わることになりました。「ONE」「DOUBLE WIDE」 「SEVEN」「ROSSIE」に、新デザインの「R-LINE ARROW」です。フェースには、打球感、打球音がホワイト・ホットインサートに限りなく近づいた、マイクロヒンジ★インサートを搭載し、カーボンとスチールの複合シャフト、STROKE LAB シャフトも、もちろん採用。また、「BLACK」という名のもととなっている、ブラックPVDにコーティングも施したヘッド仕上げは、所有する喜びをプレーヤーにもたらす高級感と存在感を放ちます。今回のラインアップ追加により、このシリーズの魅力は、さらに一段、高まったと言えるでしょう。

Innovation

Technology Specs

ストローク ラボ ブラックシリーズ SEVEN パター Technology Item
  • 新デザインを含む、5つのヘッドを追加

    すでに発売されている「TEN」と「Bird of Prey」に、5つのヘッドタイプが追加されました。ブレードの「ONE」、幅の広いブレード「DOUBLE WIDE」、オデッセイの人気モデルの1つである「SEVEN」、伝統的なマレットの「ROSSIE」、そして、R-LINEのフランジ部分に新デザインを採用している「R-LINE ARROW」です。しかも、通常の長さのモデルだけでなく、「DOUBLE WIDE」と「SEVEN」にはARMLOCKタイプも用意しました。

  • ホワイト・ホット・マイクロヒンジ・インサートがさらに進化

    フェースには、最新のマイクロヒンジ★インサートを搭載しました。ホワイト・ホット・マイクロヒンジ・インサートより高めの打球音、しっかりした打球感、ボールスピードをアップさせたもので、ホワイト・ホットインサートにより近いフィーリングを実現しつつ、マイクロヒンジが持つ、インパクトしてすぐにボールに順回転を与える効果は、そのまま受け継いでいます。

  • ツアーでも多くの使用者を数える「STROKE LAB シャフト」

    5つのニューヘッドに装着されるのは、もちろん、カーボンとスチールの複合シャフト、「STROKE LAB シャフト」です。STROKE LAB パターにおいてすでに、その評価は確立されており、多くのツアープロも使用していることで話題となっているシャフトです。重量は、オデッセイの通常のスチールシャフトより約40g軽い75gで、余剰重量をヘッドとグリップの手元側に配分することが可能となっています。

  • 新ヘッドと最適な重量配分がもたらす、一貫性とやさしさ

    「STROKE LAB シャフト」の採用により、パター全体の重量配分が最適化。バックスイングのテンポ、インパクト時のフェースアングル、ボール初速、打ち出し方向など、パッティング時の多くの要素の再現性が、従来以上にアップしました。結果、一打ごとに変化していたストロークは、さらに一貫性のあるものとなり、プレーヤーはグリーン上において、高いパフォーマンスをよりやさしく発揮しつづけることができます。

/