XR 16 ドライバー
XR 16 ドライバー
XR 16 ドライバー
XR 16 ドライバー
XR 16 ドライバー
XR 16 ドライバー
XR 16 ドライバー

XR 16 ドライバー

¥27,686 から (税抜き)

  SALE  

Gender & Hand:
ロフト角
シャフトを選択:
長さ:
グリップを選ぶ
グリップ下巻
¥27,686 から (税抜き)
在庫:
ボーイングと追求した最先端ヘッドと高初速フェースが生み出す、飛距離とやさしさ
ボール初速の限界に挑む──。「XR 16 ドライバー」は、この命題のもとに開発されました。米国・ボーイング社と共同開発したスピード・ステップにより、スイング時の空気抵抗を大幅に軽減して、ヘッドスピードを向上。また、前作より薄肉化された次世代R・MOTOフェースが、さらなる高初速も実現しています。加えて、新たなヘッド形状と最適重心設計により、驚きのやさしさも併せ持ったドライバーが完成しました。
Innovation

Technology Specs

XR 16 ドライバー Technology Item
  • 空気抵抗を抑えたヘッドシェイプとNEW スピード・ステップ

    ボーイング社とのパートナーシップにより、空力性能を追求。 スピード・ステップのサイズ、位置ともに再設計することで、 前作を超える空力性能を搭載。

  • 低重心・高慣性モーメントヘッド

    フェースの薄肉化により生み出された約9gの余剰重量に加え、軽比重チタン8-1-1をボディに採用することで、さらに約2gの軽量化を実現。軽量化で得た約11gの余剰重量を最適ポジションへ配置することで、慣性モーメントを高め、重心を低く・深く設計し、これにより前作より約10%の慣性モーメントアップと約15%の低重心化を達成しています。さらに、ドローバイアスを高めて、ボールのつかまりを向上させました。また前作よりクラウンをストレッチバックさせた大きめのシャローバック形状は、アドレス時の見た目の安心感をもたらします。

  • 進化した次世代R・MOTOフェース

    R・MOTOフェースを、さらに薄肉化することにより、高初速エリアの拡大をもたらし、フェース全体でボール初速を高めます。フェースの薄肉化は、前作に比べ約9gの軽量化を実現。軽量化で得たウェイトは、慣性モーメントを高めるため、クラブヘッドに再配分しました。高初速フェースと高慣性モーメントの組み合わせで、芯で打っても、インパクトがヒール側、トゥ側に外れても、ボール初速を高めます。

  • アジャスタブルホーゼル

    アジャスタブルホーゼル(COG)は、精密な2つのリングの組み合わせにより全部で8通りのロフト角とライ角の調整を行うことができます。これにより、ゴルファーのニーズに合わせた調整を可能にし最適な打ち出し条件を得た弾道は、プレーヤーの最大の飛距離を引き出してくれます。ロフト角の調整 ・・・ 4通り(-1,S <表示ロフト>,+1,+2)ライ角の調整 ・・・ 2通り(N=初期設定:標準ライ角設定、D=アップライト設定)

  • Designed by Callaway Golf×Fujikura

    幅広いユーザーにフィットする寛容なフィーリングと飛距離性能を実現するシャフトを目指し、藤倉ゴム工業社と共同開発。多くのユーザーが求める「つかまり」、「飛び」を重視した先中調子のスムースな振り抜きを実現。

/