Your browser does not support JavaScript!

ウェッジを使いこなしてコントロール上手に!- 2本以上ご購入でお得になるキャンペーン実施中 | キャロウェイゴルフ公式サイト

初心者から上級者までかんたんウェッジの選び方!

ウェッジを使いこなして
アプローチ上手になろう!

ウェッジとは?
ウェッジとは、主にグリーン周辺の短い距離で行うアプローチショットで用いられます。
バンカーからの脱出やラフからのショットでも活躍する便利なゴルフクラブです。

ウェッジの種類

大きく4つの種類に分けられます

  • ピッチングウェッジ
    46°/ 48°

    グリーンオンに活躍する飛距離が
    出やすいウェッジ

  • アプローチウェッジ
    50°/ 52°/ 54°

    グリーン周りでのアプローチで活躍

  • サンドウェッジ
    56° / 58°

    バンカーからの脱出に欠かせない

  • ロブウェッジ
    60°以上

    ボールを上げたいときや、スピンをかけたいときなど細かいコントロールで活躍

タイプ別おすすめウェッジ

大きく2つの種類に分けられます

  • やさしくグリーン周りを攻略

    CBウェッジ

    やさしさを徹底的に追求したウェッジで
    安心して使える

  • スピンコントロール重視

    • JAWS 
      RAWウェッジ

      自分のプレースタイルに
      合わせたソール形状が選択できる

    • JAWS 
      FORGEDウェッジ

      フォージドのフィーリングに
      こだわったウェッジ

選ぶときのポイント

  • ロフト角のバランス
    を考えよう
    初心者におすすめなロフト角の目安は PWが46、48度、AWが50~54度、SWが56~58度、LWが60度以上です。
  • ソールの
    幅が広く、ヘッドが大きめのものが扱いやすい
    ソールの幅が広いと芝の上を滑りやすくなり、ヘッドが地面に刺さりにくくなります。
  • サンドウェッジ選びでは
    バウンス角を考慮しよう
    バウンス角が大きいほどソールが地面から跳ねやすくなり、バンカーショットでの効果をより発揮できます。
  • アイアンと同じか
    少し重めのシャフトがおすすめ
    ウェッジのシャフトは、ある程度重さのある方が安定したショットを打てるとされています。

※番手、ロフトの分類はクラブにより異なります。

プロのセッティングをご紹介

  • 石川遼プロ
    JAWS FORGEDウェッジ
    43°*/48°/52°
    56°/58°
  • 西村優菜プロ
    JAWS RAWウェッジ
    52°/ 58°
  • 上田桃子プロ
    X FORGEDウェッジ
    50°/ 54°
    JAWS RAWウェッジ
    60°

*JAWS FORGEDウェッジ43°はプロトタイプのため非売品です
*セッティングは、試合やコースコンディションによって変更する場合がございます。