MAVRIK SUB ZERO ドライバー | ドライバー | クラブ | キャロウェイゴルフ公式サイト

text.skipToContent text.skipToNavigation
スペック
クラブを選択する

ドライバー

MAVRIK SUB ZERO ドライバー
¥94,000 から (税抜)
¥94,000 (税抜)
MAVRIK SUB ZERO ドライバー
¥94,000 から

MAVRIK SUB ZERO ドライバー

A.I. Created
Next Level Distance

AIの進化で、飛びもやさしさも型破りな領域に。小ぶりで操作性が高い、中上級者向けMAVRIK Sub Zero ドライバー
2019年、AIが生み出したFLASH フェースで驚きのボール初速を実現したキャロウェイは、2020年に向けてAI、スーパーコンピュータへのさらなる投資を実施。さらにアップグレードした処理能力を武器に、ボールスピード、耐久性だけでなく、高初速エリアなどまでもさらに最大化、最適化するよう、機械学習を繰り返しました。完成したシリーズの名前は、「MAVRIK」。「型破りな」という意味を持つ単語、MAVERICKが元となっており、驚愕の飛びとやさしさを兼ね備えた、まさに型破りなドライバーです。プロ、上級者向けの「MAVRIK Sub Zeroドライバー」は、やや小ぶりで操作性の高いヘッドに、専用設計のニューフェース、FLASHフェース SS20を搭載。従来以上に遠くへと低スピンで突き抜ける弾道を、安定して放つことができるようになっています。
公式オンラインストアおよびCALLAWAY SELCTED STOREでの限定発売となります。
~左用は3月発売予定~

Features &
Benefits

  • AIが新たにデザインし、高初速エリアが拡大したFLASHフェースSS20増強されたAIによって今回生み出された新たなフェースが、FLASHフェースSS20。スーパーコンピュータが多くのバーチャルモデルを試作し、完璧になるまで解析を繰り返し、高初速エリアが拡大したフェースとなっています。しかも、デザインはモデル別となっており、MAVRIK Sub Zero ドライバーのターゲットである中・上級者に多いヒール寄りのヒットにも強く、安定して高いボールスピードを生み出すことができる設計が施されています。
  • 素材も高強度のFS2S チタンとなり、安定したボールスピードを実現FLASHフェースSS20は、設計だけでなく、素材も進化しました。従来よりも強く、軽量なFS2Sというチタンを採用。これにより、インパクト時の強大なエネルギーを受けても、強度が長く持続するだけでなく、エネルギーのロスも減少させ、効率よく高いボールスピードへと繋げることができるようになりました。
  • 450㎤とやや小ぶりで、叩いていけるヘッドMAVRIK Sub Zero ドライバーは、コントロール性を重視する中・上級者向けに、450㎤と、やや小ぶりなヘッドとなっています。また、ライ角は他の2モデルと比べてフラットになっており、左へのミスが出づらく、叩きにいくことができる設計です。スクリューウェイトはソール前方と後方に、14gと2gを配置。2つを入れ替えることで、打ち出し角やバックスピン量を変化させることができます。
  • 定番となった独自のテクノロジーが新たなフェースをサポートキャロウェイのウッド系クラブには欠かせない存在となった、JAILBREAK テクノロジーとトライアクシャル・カーボンクラウンも、もちろん採用。JAILBREAK テクノロジーは高いボールスピードを生み出し、トライアクシャル・カーボンクラウンは余剰重量を生み出し、重量配分の最適化に貢献しています。また、ネックには従来どおり、アジャスタブルホーゼルを装備。プレーヤーごとに、球筋を調整することができます
  • AIが打球音とフィーリングまでも解析し、心地良いものにMAVRIK シリーズでは、フェースの設計だけでなく、ボディの解析もAIが行っており、モデル別に最適化がなされています。それがもっともわかりやすく表れている部分がサウンドリブ設計で、プレーヤーが心地良い打球音とフィーリングを得られるよう、ヘッド内部の形状をつくりだしています。