Your browser does not support JavaScript!

JAWS RAWウェッジ ブラック | ウェッジ | クラブ | キャロウェイゴルフ公式サイト

スペック
JAWS RAWウェッジ ブラック
¥ 26,730 から  (税込)
購入するとポイントを獲得できます
¥ 26,730  (税込)
在庫: 在庫があります。出荷の準備ができ次第、お届けいたします

JAWS RAWウェッジ ブラック

JAWSのスピン性能は、
ノーメッキフェースと次のレベルへ

「JAWSウェッジ」をあらゆる面で進化させた新しいモデル、「JAWS RAWウェッジ」がデビューです。RAWの名のとおり、フェース面にはノーメッキ仕上げが施されており、キャロウェイ独自の37Vグルーブ、斜めに配されたマイクロフィーチャーとともに、強烈なスピン性能を発揮します。また、重心位置の最適化にも新たなアプローチが行われており、バックフェース・トウ側の一部のウェイトポートにタングステンを搭載(54度~60度)。とくにロブショットなどの場面において、大きな効果を発揮します。さらに、ツアープレーヤーの意見をもとにして、フォルムにも変化を加えており、リーディングエッジにはストレートなものを採用する一方、ソールには2段のバンスを持つZグラインドが初登場。ロフトラインアップは48度から60度まで2度刻みで7種類、ヘッド仕上げは2種類での展開です。

*JAWS RAW ウェッジ ブラックは、2022年7月22日発売開始です。

*番手により発売予定日が異なります。発売スケジュールはこちら

*JAWS RAWシリーズ カスタムについて発売スケジュールとヘッド在庫状況はこちら

JAWS RAWウェッジ ブラック
プレーヤータイプグリーン周りでフェースを開いてアプローチしたいゴルファー向けフェースをスクエアにしてショットするのが好みのゴルファー向けダウンブローに打ち込んだり、インテンショナルショットを駆使したいゴルファー向け最もやさしいタイプのグラインドでウェッジが苦手なゴルファー向け
スイングタイプレベルブローレベルブローダウンブローダウンブロー
グラウンドコンディション硬め~普通硬め~ソフト普通~ソフトソフト~ウェット
ロフト58°, 60°48°, 50°, 52°, 54°, 56°, 58°, 60°58°, 60°50°, 52°, 54°, 56°, 58°, 60°

37Vグルーブ×
マイクロフィーチャー×
ノーメッキの「生溝」で
さらなるスピンを

溝の掘り方を鈍角にデザインし、エッジを鋭くした37Vグルーブ。
この溝をノーメッキにすることで、さらにエッジをシャープにし、フルショットはもちろん、スイングスピードを抑えたアプローチショットでも安定したスピン量を実現します。
JAWS RAWウェッジ ブラック

タングステンが効く、
絶妙なウェイトバランス設計

タングステンウェイトをトウ側に設置。フェースを開いて打つ際に重心がセンターに近い位置となりフェーストウ側で打ってもヘッドのブレが軽減され、安定したアプローチショットが可能となります。
また、それぞれのロフトに合ったヘッド上部の肉厚やホーゼル長にデザインすることで最適な重心位置に設計。やさしさ、握りやすさを追及しながら、ツアーレベルのパフォーマンスを実現します。
JAWS RAWウェッジ ブラック

多彩なショットを可能にする多彩なソール

スコアメイクの要となるアプローチショット。
それぞれの個性を持った豊富なソール形状から、スタイルに合ったソールを選び、狙い通りのショットでベストスコア更新へ
JAWS RAWウェッジ ブラック

Features &
Benefits

  • ノーメッキフェースに、37Vグルーブとマイクロフィーチャー

    「JAWS RAWウェッジ」の名前にあるRAWは、英語で、「生の」「原料のままの」といった意味。それを具現化している部分が、フェースです。溝のエッジを鋭くした37Vグルーブ(ロフト54~60度。48~52度には20Vグルーブとフェースブラストを採用)が、まさに生と表現できるノーメッキ仕上げのフェースに刻まれています。溝がより際立つこととなり、高いスピン性能を発揮してくれます。また、キャロウェイ独自のマイクロフィーチャーも見逃せません。溝と溝の間に小さな凸部を構成しているもので、かつ、溝に対して斜めに配されていることにより、とくにフェースを開くアプローチにおいて、37Vグルーブなどとともに強烈なスピンを生み出します。

  • ウェイトポートにタングステンを装着し、重心位置を最適化

    重心位置に関する新たなテクノロジーにも注目です。ロフト54、56度のモデルではバックフェースのトウ側1つ目のウェイトポートに、ロフト58、60度のモデルではトウ側2つのウェイトポートに、それぞれタングステンを装着しています。これにより、重心位置はトウ・ヒール方向のフェース中央に配置されることとなり、とくにフェースを開いて打つショットの際のヘッドのブレを軽減。イメージどおりのアプローチを可能にしています。

  • ストレートなリーディングエッジ

    「JAWS RAWウェッジ」では、ストレートなリーディングエッジを採用しています。USPGAツアーではジョン・ラームをはじめ、ストレートなものを好むプレーヤーが多いという現状を考慮してのデザインです。

  • ツアーからの要望でZグラインドが新登場

    Jソールの形状では、従来からあるSグラインド、Wグラインド、Xグラインドに加えて、新たにZグラインド(ロフト58、60度)が登場です。ソールはワイドで、トレーリングエッジ側だけでなく、リーディングエッジ側もわずかに面取りされた、いわば2段構えのバンスとなっているところが特徴です。ツアープレーヤーのフィードバックから生まれたグラインドで、Cグラインドの要素もありながら、芝に刺さりにくく、かつ芝を滑って抜けやすい、やさしいソールとなっています。

  • ロフトは7種類、仕上げは2種類での展開

    「JAWS RAWウェッジ」のロフトラインアップは、48度から60度まで、2度刻みの計7種類。グラインドは、48度がSのみ、50~56度がSとW、58度と60度はS、W、X、Zとなっています。ヘッド仕上げは、クロムメッキに加えて、マットな風合いのブラック仕上げも用意し、2種類での展開です。

JAWS RAWウェッジ ブラック