Your browser does not support JavaScript!

ROGUE ST MAXドライバー | ドライバー | クラブ | キャロウェイゴルフ公式サイト

スペック
クラブを選択する

ドライバー

ROGUE ST MAXドライバー
¥ 78,210 から  (税込)
購入するとポイントを獲得できます
¥ 78,210  (税込)
在庫: 在庫があります。出荷の準備ができ次第、お届けいたします
ROGUE ST MAXドライバー
¥ 78,210 から

ROGUE ST MAXドライバー

幅広いゴルファーにフィット、
飛距離と振りやすさを追求したMAX

2021年のEPICシリーズに代わって、2022年はROGUE STシリーズの誕生です。ドライバーでは、あらゆるテクノロジーをファインチューニングし、数多くの進化を積み上げる開発が行われました。キャロウェイ独自のAI設計によるFLASHフェースSS22やJAILBREAK AI スピードフレームは、より効率化と最適化が図られ、トライアクシャル・カーボンクラウン&ソールを搭載するボディには、新たに一体成型のUNIボディ構造を採用。インパクトのパワーは、まさに余すことなくボールへと伝えられるようになりました。スタンダードモデルの位置づけとなる「ROGUE ST MAXドライバー」は、ややドローバイアスという設定で、これまで以上に高初速でストレートな弾道を、安定して実現します。

*専用トルクレンチは別売になります。

ROGUE STシリーズ カスタムヘッドの在庫状況について詳しくはこちら

*カスタムクラブは、ご希望のスペックにより納期が未定となる場合がございます。

キャロウェイのアジャスタブルホーゼルとは?気になる機能はこちらから!

ROGUE ST MAXドライバー

Driver Positioning Map

NEW
A.I. DESIGNED FACE

新しいアルゴリズムによってフェースのあらゆる部分において撓みの
コントロールが出来るように。オフセンターヒット時のスピン量と打出し角を補正し、安定した方向性と飛びが実現。
これをAdvanced Dynamic Face Controlと呼ぶ 。
ROGUE ST MAXドライバー

NEW
JAILBREAK A.I. SPEED FRAME

従来のJAILBREAKは、ソールとクラウンを同等の剛性で押さえていたが、
フェース面は垂直になっていないロフトで傾斜しているため、
クラウン側とソール側で剛性を変える必要があったが、
ROGUE STシリーズでは、ソール側の剛性をより高めることでフェース全体の反発向上を実現。
ROGUE ST MAXドライバー

NEW
TUNGSTEN SPEED CARTRIDGE

約11gのウェイトをヘッド後方部へ装着。
オフセンターヒット時のボールスピードを高めると同時に、
慣性モーメントを高め、インパクトの安定性を向上
ROGUE ST MAXドライバー

Features &
Benefits

  • AI設計のFLASHフェースSS22は、飛びの3要素までも最適化
    「ROGUE ST MAXドライバー」には、このモデル専用にAIが設計したFLASHフェースSS22を採用しています。FLASHフェースSS22は、従来のようにボール初速の向上やターゲットゴルファーの打点位置が考慮されているだけではありません。今回は飛びの3要素である、スピン、打ち出し角、ボール初速の組み合わせまでも含めた新しいアルゴリズムによってAIが設計し、テスト。よりモデル別、ターゲットゴルファー別の最適化が進んだフェースへとアップグレードされています。
  • NEW JAILBREAK AI スピードフレームにより、フェースが効率良くたわむように
    2021年のEPICシリーズに初搭載されたJAILBREAK AI スピードフレームは、ROGUE STドライバーシリーズにおいて、形状に変更が加えられました。NEW JAILBREAK AI スピードフレームでは、下辺のフレームの高さをアップし、ソール側の剛性が向上。その結果、従来のようにインパクトのパワーがフェースに集中する効果はキープしつつ、クラウン側とソール側の剛性の違いによって、よりフェースが効率良くたわむようになりました。
  • NEW タングステン・スピードカートリッジをヘッド最後方部に搭載
    ROGUE STドライバーシリーズでは、新たにタングステン・スピードカートリッジを採用しました。2021年のEPICシリーズではスクリューウェイト、およびペリメーター・ウェイトをソール後部に搭載していましたが、タングステン・スピードカートリッジは横に長い形状で、搭載位置もヘッドの最後方部に移動。重心をより深く、低くすることができており、高い慣性モーメントによってスイング時のヘッドの安定化と、オフセンターヒット時のボール初速向上を実現しています。なお、「ROGUE ST MAXドライバー」は、ややドローバイアス気味の特性を持つヘッドとなっています。
  • ボディを一体成型したUNIボディ構造でエネルギーロスを軽減
    ROGUE STドライバーシリーズのボディは、新たにUNIボディ構造となりました。これは、レーシングカーやクルマなどにも採用されているモノコック構造と同様の考え方によるものです。モノコック構造は一体で成型するもので、軽量化しながらクルマの剛性を高めることができ、コーナリング時により安定して高いスピードを維持することが可能となります。UNIボディ構造も一体成型によるもので、インパクト時のエネルギーを溶接、接着箇所の歪みで逃がすということがなく、しっかりと受け止めることができ、効率よくインパクトのパワーへと変換させることにつながります。
  • トライアクシャル・カーボンや空力を考慮したヘッドシェイプも採用
    一体成型のボディには、トライアクシャル・カーボンクラウン&ソールが組み合わされています。剛性が高く、とても軽量なため、余剰重量を生み出して重心の最適化に大きく貢献しています。またヘッドシェイプは、キャロウェイが長年積み重ねてきた空力の知見を反映させたものとなっており、ダウンスイング時の空気抵抗を削減して、スイングスピードの増大を実現します。ネックには、ロフト角、ライ角を調整できるアジャスタブルホーゼルを装備しています。
ROGUE ST MAXドライバー