Your browser does not support JavaScript!

2-BALL TEN BROOMSTICKパター | 2-ボール テン シリーズ | パター | クラブ | キャロウェイゴルフ公式サイト

スペック
2-BALL TEN BROOMSTICKパター

2-BALL TEN BROOMSTICKパター

安定感抜群の長尺モデルを話題のヘッドにアップデート

2019年にリリースされた「BROOMSTICKパター」が、新たなスタイルへとアップデートされることになりました。前作では2-BALL形状のヘッドが採用されていましたが、今回は、話題沸騰中の2-BALL TENパターシリーズからフォルムを継承。45インチという長さに合わせて、サイズ、重量をアップさせており、2つの白いディスク上面には、2-BALL TEN TOUR LINEDパター同様の黒いラインも入れられています。もちろん、最新の高慣性モーメントモデルと長尺の組み合わせから生まれるストロークの安定感は、説明が不要なほど。パッティングに悩むプレーヤーにとって、最適解となるかもしれないニューラインアップです。

2-BALL TEN BROOMSTICKパター

Features &
Benefits

・アンカリング規制後もツアープロに人気となっている長尺パター

1990年代、そして2000年代と続いた長尺ブームは、2016年からのアンカリング規制の施行により終焉を迎えました。しかし、現在も多くのツアープレーヤーが、体に接触させないパッティングスタイルで長尺パターを使用し、活躍を続けています。BROOMSTICKパターは、彼らと同様に、アマチュアゴルファーのパッティングの悩みを解決する選択肢となり得ます。グリップエンドが支点となることで、スムーズな振り子の運動を可能にし、ストロークが安定します。

・新たに2-BALL TEN TOUR LINEDパターのヘッドを採用

従来、オデッセイには2-BALL形状のヘッドを持つBROOMSTICKパターがラインアップされていましたが、今回は2021年のニューモデル、2-BALL TENパターシリーズのうちの2-BALL TEN TOUR LINEDパターと同スタイルのヘッドが採用されました。2-BALL TENパターシリーズは、TENの形状と2-BALLの2つの白いディスクが融合したもので、ターゲットに対しての構えやすさと、真っすぐなストロークのしやすさは抜群です。2-BALL TEN TOUR LINEDパターと同じく、ディスク上面には黒い1本のラインも描かれています。また、オリジナルのTENであるSTROKE LAB ブラックシリーズ TENパターでは、ヘッド内にウインドウが存在しましたが、2-BALL TENパターシリーズでは、プロからのフィードバッグを受けて、より構えやすくするべく、ウインドウは埋められています。

・45インチに合わせて、サイズと重量を最適化

今回のヘッドは、長尺パターに合うよう、サイズを大きく、かつ重量も重く設計されています。重量は約450gで、ソールウェイトには15gのものを2つ装備しています。フェースには、オデッセイの最新インサート、マイクロヒンジ★インサートを搭載。グリップには2つに分割されたスタイルとなっているBROOMSTICKグリップ(約44gと約93g)を装着し、パター長さは45インチに仕上げられています。

2-BALL TEN BROOMSTICKパター