Your browser does not support JavaScript!

CHROME SOFT X ボール | クロムソフト | ボール | キャロウェイゴルフ公式サイト

スペック
CHROME SOFT X ボール

CHROME SOFT X ボール

すべてのショットを
風に負けない強弾道へ

メジャー王者からアマチュアまで、優れたトータルパフォーマンスでそのプレーを支える、キャロウェイのツアークオリティボール、CHROME SOFTシリーズが、さらに進化を果たしました。キャロウェイでは、新たにプレシジョン テクノロジーを採用。これは、3D X線技術を導入するなどして、ボール品質管理面の精度を高めるもので、ボール内部のコア位置やサイズ、中間層やカバーの厚み等を、より精密に製造。結果、意図する設計を、いままで以上に高い次元で実現できるようになりました。また、ルール上限に近い設計値で製品化することもできるため、初速、スピン、左右ブレ、縦距離などのバラツキも減少しています。プロから絶大なる信頼を得ているCHROME SOFT Xボールにおいては、新作でもキープコンセプトとしつつ、コアの素材配合を見直し、新たな生産技術を用いることで、ドライバーなどでのボール初速を向上。前述のクオリティーの高さも相まって、ツアープレーヤーをさらに満足させることのできるボールとなりました。

CHROME SOFT X ボールは、2022年2月下旬発売開始予定です。

CHROME SOFT X ボール

Features &
Benefits

  • コアの位置を確認できる3D X線技術を新たに導入

    新しいCHROME SOFTシリーズを開発するにあたり、キャロウェイがいちばんに取り組んだのが、ボール内の状態を視認することのできる3D X線技術です。この技術を使って、設計値通りに生産できているかどうかの確認が可能となり、すべてのゴルファーに精度の高いボールを提供できるようになりました。

  • ルールぎりぎりの高精度、高品質なボール生産も可能に

    このたびキャロウェイは、3D X線技術だけでなく、約55億円の投資をし、ボール製造の生産設備、工程を見直しました。ボールには対称性や大きさ、重量、飛びの性能に関してルールが定められていますが、新たな設備の導入による製作精度が向上し、生産誤差も減少したことにより、従来以上にこのルール上限に近いボールを生産することができるようになりました。もちろん、新しいCHROME SOFTシリーズのボールは、これらの新たな設備によってつくられています。

  • 4ピース構造などはそのままに、ロングショットのボール初速を向上

    前作のCHROME SOFT Xボールは、ツアープロからも大変評価の高いものでした。そのため、新作でも4ピース構造などに変更は加えていません。ただし、ロングショットでのボール初速をより高めるために、コアの素材の配合は変更しています。ここに先述のセンターコア、高精度のボール製造工程が加わることで、ツアープロをさらに満足させる高パフォーマンスのボールに進化しています。

  • ヘックス・エアロネットワーク パターンにTour Aeroテクノロジーを導入

    ボール表面には、キャロウェイ独自のヘックス・エアロネットワーク パターンが搭載されていますが、今回はそこにTour Aeroテクノロジーを導入しています。従来よりも、パターンを構成している一つひとつの六角形の深さ等を改良することで、空力性能がさらに進化。CHROME SOFT Xボールでは、風に負けない中弾道を実現し、キャリーの増加に貢献しています。

  • トリプル・トラック アライメントバージョンも用意

    新しいCHROME SOFT Xボールのラインアップには、コンベンショナルなホワイトに、トリプル・トラック アライメントバージョンのホワイトとイエローも加えた3種類を用意しました。

CHROME SOFT X ボール