Your browser does not support JavaScript!

新感覚のマレット「ELEVENパター」を打ってみた! | キャロウェイゴルフ公式サイト

新感覚のマレット「ELEVENパター」を打ってみた!

2022.02.14 招待する
先日は、オデッセイの2022年ニューモデル、TRI-HOT 5Kパターの試打レポートをお届けしましたが、今回は、同じく新製品の「ELEVENパター」インプレッションです。TRI-HOT 5Kパターでは、これまでのブレードタイプとの違いをかなり感じましたが、大きなマレットタイプである「ELEVENパター」においても、従来のものとは異なる新しい感覚を覚えました。

まずは、「ELEVENパター」の概要をあらためておさらいしておきましょう。見た目は、台形のようなフォルムであり、いかにも慣性モーメントの高い、安定感のありそうなヘッドです。ただし、中身はTEN SERIESパターなどとは大きく違っています。ソール前方にスチール製のウェイトを搭載し、ヘッド後方下部にウレタン樹脂のCPUとアルミニウムを採用していることで、かなりの重量をヘッド前方部分に集中。従来の大型マレットよりも、重心が浅く設定されています。

実際に打ってみると、この浅重心化の影響が明らかに手に伝わってきました。筆者は現在、2-BALL TENパターを愛用していますが、かなり異なる動きをします。2-BALL TENパターと同じ感覚でストロークすると、いわゆる“緩んだ”ようなインパクトとなりました。大型マレットの見た目とは結びつかない動きです。2-BALL TENパターをはじめ、従来の大型マレットは深重心で、ダウンスイングではヘッドが後方から押されているフィーリングがありますが、「ELEVENパター」は、その押してくる力がざっくり言って半分くらいになっている感じです。

これは決して悪いことではなく、何が良いかと言えば、自分の手の動きの力で距離感を合わせられる余地があるということだと思います。従来の大型マレットは、押し出してくれる力にストロークを委ねることで、へッドの動きの安定感やミスヒットへの強さを実現できていたわけですが、これも良し悪しです。押し出す力に逆らって、自分でヘッドをうまく動かすることはなかなか難しく、バックスイングの大きさを間違えれば、とたんに大きくショートしたり、オーバーしたりします。その点、「ELEVENパター」は、押し出す力と自分で操作できる部分が、適度な割合になっている感じです。実際、このヘッドの特性を理解しながら打つと、距離感もぴったり合うようになっていきました。これなら、繊細なタッチも出していきやすそうです。

もちろん、押し出す力が半減したからといって、ヘッドの動きの安定感やミスヒットへの強さが損なわれていることもありません。浅重心化されてはいますが、大型マレットならではの慣性モーメントの高さはありますし、先述のように、スチール製のウェイトがソール前方のトウ・ヒールに設置されていますから、ストローク中のヘッドの変な揺れもなく、フェースの向きも真っすぐにキープしてくれます。

そして最後にもう一つ、書いておくべきだと感じた大きなポイントは、ネックです。「ELEVENパター」には、ダブルベント、ショートスラント、センターシャフトという3つのネックタイプが用意されていますが、ネックの違いによって、ストロークの心地良さや距離感の合わせやすさが、けっこう異なっているように感じました。ヘッドの動きがいままでの大型マレットにはなかった新鮮な感覚なので、余計にネックによる違いも感じやすいのかもしれません。

左から/センターシャフト、ショートスラント、ダブルベント

 

ちなみに筆者は、なかでもショートスラントが距離感も方向性もフィーリングもベストでした。これまでも何度か試したことはありましたが、正直なところ、このネックがこれほど自分に合うと感じたのは今回が初めてでしたので、けっこうビックリしました。チョイスする際には、ぜひ、すべてのネックタイプをお試しになることをオススメします。

ショートスラント


「ELEVENパター」は、ヘッド形状はすべて同じですが、アライメントとネック違いで5つのラインアップとなっています。1本の白いサイトラインのバージョンには、ダブルベントのELEVEN TOUR LINED、ショートスラントのELEVEN S TOUR LINED、センターシャフトのELEVEN CS TOUR LINEDの3種類を用意。

トリプル・トラック アライメントのバージョンは、ダブルベントのELEVEN TRIPLE TRACK、ショートスラントのELEVEN S TRIPLE TRACKの2種類となっています。すべてのフェースにホワイト・ホット インサートが搭載されているので、打感の良さは言うまでもありません。発売は2月18日予定です。

「ELEVENパター」の製品情報はコチラ!