PM GRIND 19ウェッジ
PM GRIND 19ウェッジ
PM GRIND 19ウェッジ
PM GRIND 19ウェッジ
PM GRIND 19ウェッジ
PM GRIND 19ウェッジ
PM GRIND 19ウェッジ

PM GRIND 19ウェッジ

価格はオンラインストア販売価格です。
カタログ価格はこちら

貪欲にチップインを狙える、驚きの“斜め20度” という新発想
ウェッジの巨匠ロジャー・クリーブランドが手掛け、アプローチマスターとして名高い、キャロウェイ・スタッフプレーヤーのフィル・ミケルソンが監修のPM GRIND ウェッジが、さらなる進化を果たしてリニューアルです。最大の注目ポイントは、今回初採用されたマイクロフィーチャー。すでにMACK DADDY 4 ウェッジや、MACK DADDY FORGED ウェッジでも搭載されたテクノロジーですが、PM GRIND ウェッジではなんと、フェースを開いたときのために、溝に対して20度の角度をつけ、配置されています。もちろん、ヘッド全体のフォルムなど、細部もさらに最適化。より回転数が多く、ねじれのないバックスピンで、果敢にカップを狙っていくミケルソンの考えが如実に伝わってくるような、前作以上に意欲的なウェッジです。

LINEで簡単な質問に答えるだけでOK!キャロウェイ クラブセレクター ツール  くわしくはこちら

Innovation

Technology Specs

PM GRIND 19ウェッジ Technology Item
  • グルーブに対して、マイクロフィーチャーを斜めに配置

    新しいPM GRIND ウェッジの最大の進化ポイントは、MACK DADDY 4 ウェッジから採用されている、マイクロフィーチャーです。このウェッジに搭載するにあたり、なんとマイクロフィーチャーをグルーブに対して20度傾けました。これにより、フェースを開いたときのショットでさらなるスピンを生むだけでなく、着弾して左右に跳ねることのない、サイドスピンをおさえたバックスピンを生み出します。更にロブショット時には、500回転~600回転のバックスピンが前作よりも増加しました。

  • より鋭角な5Vグルーブがフェース全面を覆う

    前作同様、ヘッドの先端からヒール側まで、フェース全面に溝が設置されています。また、すべての溝に鋭角な5Vグルーブを採用しており、マイクロフィーチャーとともに強烈なバックスピンを生み出してくれます。ソールにはC-グラインドを採用。あらゆるライとショットに対応するソール形状です。

  • さらにハイトウで、グースも大きくなり、コントロール性が向上

    軟鉄S20Cを鋳造して製作されるヘッドのフォルムは、前作以上にトゥが高くなり、グースの度合いも大きく設計されました。結果、フェースを開いたときにより長くフェースを使えるようになるなど、プレーヤーにとっては、より弾道をコントロールしやすくなっています。

/