ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター
ストローク ラボ R-BALL S パター

ストローク ラボ R-BALL S パター

価格はオンラインストア販売価格です。
カタログ価格はこちら
2月22日発売予定
ツアープロのパッティング精度をあらゆるゴルファーの手に
「STROKE LAB パター」が、さらなる進化を遂げました。プロとアマチュアのグリーン上での最大の違いは、“一貫性”。ストロークやテンポの安定度が、数字の差になって表れます。今回の最新バージョンでは、カーボンとスチールの複合シャフトを採用したことで、パター全体の慣性モーメントが前作より向上。すべてのゴルファーに、ツアープレーヤーのような精度の高いパッティングをもたらします。しかもフェースには、「EXO パター」で広く高い評価を受けた、「ホワイト・ホット・マイクロヒンジ インサート」を搭載。オデッセイの持てる技術を余すことなく投入した、新たな最高峰シリーズのデビューです。
Putters

詳細情報

ツアープロのパッティング精度をあらゆるゴルファーの手に
「STROKE LAB パター」が、さらなる進化を遂げました。プロとアマチュアのグリーン上での最大の違いは、“一貫性”。ストロークやテンポの安定度が、数字の差になって表れます。今回の最新バージョンでは、カーボンとスチールの複合シャフトを採用したことで、パター全体の慣性モーメントが前作より向上。すべてのゴルファーに、ツアープレーヤーのような精度の高いパッティングをもたらします。しかもフェースには、「EXO パター」で広く高い評価を受けた、「ホワイト・ホット・マイクロヒンジ インサート」を搭載。オデッセイの持てる技術を余すことなく投入した、新たな最高峰シリーズのデビューです。

シャフトに新たにスチールとカーボンの複合シャフトを採用

最新のSTROKE LAB パターでは、新たにカーボンとスチールの複合シャフトを装着し、75g(通常のパターのスチールシャフトは110~120g)まで軽量化。カーボンが使用されていることでシャフトがよりしっかりし、打感が手に伝わりやすく、タッチが出しやすくなっています。

余剰重量をヘッド側と手元側に配分し、慣性モーメントをアップ

新たなシャフトの採用で生み出された余剰重量を、ヘッド側と手元側に最適配分し、パター全体の慣性モーメントを最大化。これにより無駄な手の動きを抑制して、パッティングのストロークとテンポを安定させ、パッティングの精度の向上を実現します。

フェースには最新の「ホワイト・ホット・マイクロヒンジ」

慣性モーメントの高さによるパッティングストロークの一貫性をより生かすために、フェースにもオデッセイの最新インサート、「ホワイト・ホット・マイクロヒンジ」を搭載しました。「EXO パター」ですでに性能が実証済みで、ボールの転がりの良さと、ソフトでありながらソリッドさもある打感を併せ持ち、ツアープロも認めるパフォーマンスを発揮するインサートです。

ヘッドには多彩に18モデルをラインアップ

オデッセイの主力シリーズらしく、ヘッドタイプにも豊富なバリエーションを用意しました。ブレードタイプから、ネオマレット、L字まで、多彩に18機種。ゴルファーそれぞれに最適なヘッドをチョイスすることが可能です。また、ネオマレットの1モデルには、往年のキャロウェイのパター、「TUTTLE(タトル)」の名前を復活させていることにもご注目ください。