ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA
ODYSSEY TOULON パター ATLANTA

ODYSSEY TOULON パター ATLANTA

¥61,000 から (税抜き)
価格はオンラインストア販売価格です。
カタログ価格はこちら
Gender & Hand:
シャフトを選択:
長さ
¥61,000 から (税抜き)
在庫:
待望のSTROKE LAB シャフト採用!さらに完成度を高めたハイエンドシリーズ
登場から約1年となる「オデッセイ トゥーロン パター」から、ニューモデルの「ODYSSEY TOULON パター」がリリースです。もっとも大きなトピックは、シャフトのチェンジ。2019年、多くのツアープレーヤーが、自身のエースパターにリシャフトして大きな話題となったSTROKE LAB シャフトが採用されることとなりました。また、装いも新たにシルバーPVD仕上げを施し、5機種あるラインアップのうちの2つには、これまでなかったヘッド形状である、「CHICAGO」、「SEATTLE」を用意。魅力的なルックスに、最新のテクノロジーやトレンドもしっかりと抑え、オデッセイのハイエンドシリーズは、一層の磨きがかかったパターへとグレードアップを果たしました。
Innovation

Technology Specs

ODYSSEY TOULON パター ATLANTA Technology Item
  • シャフトにSTROKE LAB シャフトを採用

    「ODYSSEY TOULON パター 2020モデル」には、「STROKE LAB パター」ですでに高い評価を獲得している、STROKE LAB シャフトを装着しました。スチールとカーボンの複合シャフトを採用することで余剰重量が生まれ、これをヘッドとグリップ側に再配分することにより、パター全体の重量配分の最適化が可能となりました。結果、バックスイングのテンポ、インパクト時のフェースアングル、ボール初速、打ち出し方向など、パッティング時の多くの要素の再現性がアップ。パッティングごとに変化していたストロークを、一貫性のあるものへと導きます。

  • やや硬めで低トルクのシャフトにより、高いコントロール性も実現

    STROKE LAB シャフトは、従来のオデッセイのシャフトに比べて、やや硬めでトルクも少ないものとなっています。これにより、余剰重量が再配分され、やや重量のあるヘッドながら、コントロールのしやすさも実現しています。

  • ラインアップには、ニュータイプの「CHICAGO」、「SEATTLE」がデビュー

    ラインアップは、全部で5機種。従来から存在した、ブレードタイプの「AUSTIN」「SAN DIEGO」、マレットの「ATLANTA」に加えて、まったく新しいヘッド形状となる、「CHICAGO」と「SEATTLE」も用意されました。「CHICAGO」は、やや幅が広い形状のブレードタイプで、「SEATTLE」は、「PORTLAND」の外観を持ちながら、ヘッドサイズをアップしたデザインとなっています。

  • ソールプレートが重くなり、新たにシルバーPVD仕上げも採用

    ヘッドは、クラフトマンシップあふれる、ステンレススチールの削り出しで、今回はこれまでのチャコールパールPVD仕上げではなく、シルバーPVD仕上げが施されています。また、STROKE LAB シャフトの採用により、ソールに装着されたプレートは、従来の7gから20gへと重量がアップされています。

  • ダイヤモンドミル・フェース

    フェース面には、ダイヤモンドパターン(ひし形)の溝が深くミーリングされ、さらに、ダイヤモンドパターン内部に小さな溝が入った、ダイヤモンドミル・フェースが採用されています。これによって順回転が与えられたボールの転がりはとても良く、打球感や打球音も、心地良いものとなっています。また、削り出しのノンインサートヘッドは、よりソリッドなフィーリングを求めるプレーヤーに適した、金属系の打球感と高めの打球音を生み出し、ボールスピードも速めとなっています。

/