Your browser does not support JavaScript!

EPIC SPEEDドライバー | ドライバー | クラブ | キャロウェイゴルフ公式サイト

スペック
クラブを選択する

ドライバー

EPIC SPEEDドライバー
¥ 76,230 から (税込)
購入するとポイントを獲得できます
¥ 76,230  (税込)
在庫: 在庫があります。出荷の準備ができ次第、お届けいたします
EPIC SPEEDドライバー
¥ 76,230 から

EPIC SPEEDドライバー

革新的なフレームとテクノロジーの結集で、
2本の柱を超える驚きのボールスピードを

さらなるパワーアップを果たしたEPIC。ドライバーではAIが、最新のFLASHフェースSS21をデザインしただけにとどまらず、JAILBREAK テクノロジーまでも解析、設計し、新たにJAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーを生み出しました。これにより、インパクトの力は従来よりもフェースに集中。ボール初速は、かつてないレベルとなっています。また、トライアクシャル・カーボンクラウンの面積を拡大し、ソールのトウ側にもトライアクシャル・カーボンクラウンを使用。重心位置もさらに最適化されました。3機種のなかでスタンダードなタイプに位置する、「EPIC SPEEDドライバー」は、高初速エリアの広いフェースと浅重心設計の効果で、安定して低スピンの弾道を遠くへと飛ばす性能を実現。まさに、EPIC(桁外れ)なパフォーマンスを発揮するモデルとなっています。

試打会情報は こちら


レンタルクラブを試そう。レンタルクラブ申込みは こちら


スペシャルサイトは こちら


クラブを下取りに出すと新しいクラブがお買い求めやすくなります 詳しくはこちら


左用のカスタム品に関しましては、納期が未定となっております。

EPIC SPEEDドライバー

Features &
Benefits

  • AIが新たに専用設計したFLASHフェースSS21を搭載
    「EPIC SPEEDドライバー」のヘッドには、このモデル専用にAIが設計したFLASHフェースSS21を採用しました。「EPIC SPEEDドライバー」のターゲットである、ある程度ヘッドスピードのある、中級者を中心とした幅広い層のゴルファーの打点位置の傾向を考慮しながら、AIがフェースの形状を幾通りもテスト。導き出されたフェースは、どの部分でのヒットでも、これまでにないほどのボールスピードを実現し、大きな飛びをもたらしてくれます。
  • JAILBREAKまでもAIが新たに解析・設計
    FLASHフェースSS21と並んで、新しいEPIC シリーズのドライバーにおける最大のトピックと言えるのが、JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーです。従来の2本の柱、JAILBREAK テクノロジーとは異なり、今回はボディの垂直方向、水平方向の剛性をさらに高めつつ、フェースのたわみ量を最大化するという課題のもと、初めてAIが解析と設計を担当。その結果、生み出されたのが、フレーム状になったJAILBREAK AI スピードフレームです。
  • フレームで力がフェースに集まり、ボールスピードがアップ
    JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジーにより、クラウンのたわみ量は約20%減少*。その分、インパクトの力がよりフェースに注がれることで、さらに安定して高いボール初速が生み出されることになりました。またここに、FLASHフェースSS21の性能が加わることで、新しいEPIC シリーズのドライバーは、かつてないほどのレベルの飛距離性能を獲得しています。*JAILBREAKがない一般的なドライバーとの比較
  • 浅重心化+FLASHフェースSS21でやさしさも実現
    「EPIC SPEEDドライバー」では、浅重心設計にもなっています。従来の浅重心設計は、ギヤ効果が減少することでフェースのどこで打っても、安定したスピン量が得られる利点がありましたが、一方で打点の違いによるボールスピードのバラつきは避けられず、やさしさに欠けていました。しかし、「EPIC SPEEDドライバー」では、フェースのどのエリアでも高いボール初速を実現するFLASHフェースSS21が採用されているため、飛距離のバラつきが減少。安定したスピン量と飛びを可能にするやさしさをもたらします。
  • トライアクシャル・カーボンクラウンをソールにも採用し、適度なドローバイアス
    「EPIC SPEEDドライバー」では、トライアクシャル・カーボンクラウンの面積を拡大。これによりクラウン部の重量をさらに削減することが出来き、重心位置の最適化に生かしています。また、新たにソールのトウ側にもトライアクシャル・カーボンクラウンを採用。これが適度なドローバイアス設計にも生かされており、程良いつかまりのヘッドとなっています。さらに、浅重心設計でありながら、ソール後方のスクリューウェイト(2g)なども手伝って、MAVRIKドライバー以上の高慣性モーメント化も実現。ミスヒットへの強さに貢献しています。
  • MAVRIK ドライバーに続き、サイクロン・ヘッドシェイプも採用
    「EPIC SPEEDドライバー」のヘッドには、MAVRIKドライバー同様に、サイクロン・ヘッドシェイプが採用されました。ややヘッド後部は低くなりましたが、MAVRIKドライバーとほぼ同等の形状となっています。サイクロン・ヘッドシェイプは、スイング時の空気抵抗を軽減し、高いクラブスピードを可能にする形状です。
EPIC SPEEDドライバー