Your browser does not support JavaScript!

BIG BERTHAフェアウェイウッド | フェアウェイウッド | クラブ | キャロウェイゴルフ公式サイト

スペック
CALLAWAY
BIG BERTHAフェアウェイウッド
¥ 41,580 から  (税込)
購入するとポイントを獲得できます
¥ 41,580  (税込)
在庫: 在庫があります。出荷の準備ができ次第、お届けいたします

BIG BERTHAフェアウェイウッド

ボールの上がりやすさを徹底追求。
この安定感は、自信に変わる

「BIG BERTHAフェアウェイウッド」では、右に曲がるボールの軽減とともに、スライサーのアウトから打ち込むスイングであってもボールが上がるようにすることが重視されています。ヘッドは前作以上のオーバーサイズ、シャローフェースで、安心感とボールの拾いやすさが向上。オフセットがなくなったネック周りの処理も、アドレス時のプレーヤーの迷いを減少させてくれるうれしい変更点です。JAILBREAKテクノロジーには最新のコウモリの羽に似た形状を採用し、フェースカップとの組み合わされたAI FLASHフェースは、もちろんモデル別、番手別設計。どこでヒットしても驚異的なボールスピード、最適なスピンで、憧れの高弾道と大きな飛びを簡単に実現することができます。番手はW#3、W#5の2つのみですが、新たにアジャスタブルホーゼルが装備されたことで、求める球筋に合わせて設定をチューニングできる点も見逃せません。

※専用トルクレンチは別売になります。

通常在庫品:2023年7月14日発売

カスタム品:2023年7月14日発売

BIG BERTHA シリーズの一覧は こちら

試打会情報は こちら

レンタルクラブを試そう。レンタルクラブお申込みは こちら

クラブを下取りに出すと新しいクラブがお買い求めやすくなります
詳しくはこちら

キャロウェイのアジャスタブルホーゼルとは?また、使用上のご注意はこちらから!

 

BIG BERTHAフェアウェイウッド

Fairwaywood Positioning Map

Features &
Benefits

  • 前作以上にオーバーサイズでシャローフェース

    新しい「BIG BERTHAフェアウェイウッド」は、前作以上にオーバーサイズ(W#3で体積が179㎤。前作は170㎤)となっており、シャローフェースの印象も強いヘッド形状に設計されています。アドレス時の安心感やボールが拾いやすさ、上がりやすさをより重視したデザインです。フェース面もよく見えるため、いかにもボールが上がってくれそうなイメージをプレーヤーに抱かせてくれます。また、前作ではオフセットの大きいネック周りとなっていましたが、今作ではオフセットがなく、ストレートにフェースへとつながる処理となっています。新しいヘッド設計やフェーステクノロジーなどにより、オフセットでボールのつかまりを良くする必要がなくなっているためで、アドレス時によりスムーズにセットしやすくなったと言えます。

  • 最新のJAILBREAK BATWINGテクノロジーも搭載

    ヘッド内部には、前作の2本のバーのタイプとは異なり、PARADYMシリーズのフェアウェイウッドにも採用されているJAILBREAK BATWINGテクノロジーが採用されています。ヘッドの挙動を安定させながら、フェース面にインパクトの力を集中させ、しっかりとたわませる役割を担っているものです。これにより、前作のJAILBREAKテクノロジーではできなかった、フェースの端までもたわませることが可能となっており、驚異的なボールスピードで大きな飛びをもたらしてくれます。

  • より多くの条件のもとでAIが設計した、専用のFLASHフェース

    フェースは、AIが専用設計したFLASHフェースとなっており、フェースカップ構造と組み合わされています。前作以上に多くの条件下でAIが演算を行っているため、フェースのどこで打っても、より安定して高いボールスピードと適正なスピン量を実現。加えて、番手ごとに必要とされるパフォーマンスに合わせた最適化もなされています。

  • 前作の接着型ホーゼルから、アジャスタブルホーゼルへ

    クラウンには、トライアクシャルカーボンが採用されており、軽量化や、ボールの上がりやすさにつながる低重心化などに貢献しています。番手はW#3、W#5の2つのラインアップとなっていますが、今回は前作の接着型ホーゼルではなく、アジャスタブルホーゼルがいずれにも採用されているため、ロフトやライ角を好みのものに調整することも可能です。なお、ニュートラルな状態でのロフトは、W#3が16.0度、W#5が19.0と、一般的なものよりも多めです。フェース面がより見え、ボールも上がりやいように考えられた設定です。

  • ショートレングス化で、やさしさがさらにアップ

    シャフトは一般的な数値よりも短めのもの(W#3で42.75インチ)が装着されています。フェアウェイウッドが難しいのは、シャフトが長いことが大きな理由の1つ。ショートレングス化は、苦手意識を多少なりとも軽減してくれ、ミート率の向上にもつながります。

BIG BERTHAフェアウェイウッド