Your browser does not support JavaScript!

ROGUE ST MAXフェアウェイウッド | フェアウェイウッド | クラブ | キャロウェイゴルフ公式サイト

スペック
ROGUE ST MAXフェアウェイウッド
¥ 44,550 から  (税込)
購入するとポイントを獲得できます
¥ 44,550  (税込)
在庫: 在庫があります。出荷の準備ができ次第、お届けいたします

ROGUE ST MAXフェアウェイウッド

確かな飛距離と安定性、
幅広いゴルファーに応えるMAX

ドライバー同様に、ROGUE STフェアウェイウッドシリーズにおいても、あらゆる部分でスピードのさらなる追求が図られています。もっとも大きな進化は、ヘッド内のトウ・ヒール部に設置されるようになったAI JAILBREAK ST。これにより、従来のブレード形状よりもフェースのたわみやすい範囲が広がり、かつ慣性モーメントの向上にも貢献しています。ここに、タングステン・スピードカートリッジの搭載や、3年目を迎えたAI設計による、さらに最適化されたFLASHフェースSS22などが加わり、型破りなボール初速を実現しています。スタンダードモデルの位置づけとなる「ROGUE ST MAXフェアウェイウッド」は、ノーマルな大きさの丸形ヘッドで、ややドローバイアスの設定。最大化された速さを、そのままストレートで大きな弾道へと変換することのできる性能に仕上げられています。

ROGUE STシリーズ カスタムヘッドの在庫状況について詳しくはこちら

*カスタムクラブは、ご希望のスペックにより納期が未定となる場合がございます。

ROGUE ST MAXフェアウェイウッド

Fairwaywood Positioning Map

NEW
JAILBREAK ST

新たに設計されたフェアウェイウッド専用の
JAILBREAK。トゥ側とヒール側に
フレームを設置し、フェース面を開放することで、
さらなるボールスピードを実現

※非搭載番手あり。詳細は下記をご参照ください。

ROGUE ST MAXフェアウェイウッド

NEW
TUNGSTEIN SPEED CARTRIDGE

多くのゴルファーがフェース下部でショットすることを考慮し、
約29gのタングステンウェイトをフェース寄りに設置。
スピンを抑え、ボールスピードをさらにアップ。

※非搭載番手あり。詳細は下記をご参照ください。

ROGUE ST MAXフェアウェイウッド

NEW
A.I. DESIGNED FACE

モデル、ロフトごと個別にAIが設計。
最適なスピン量、打ち出し角、ボールスピードへ

※非搭載番手あり。詳細は下記をご参照ください。

ROGUE ST MAXフェアウェイウッド

Features &
Benefits

  • AI設計のFLASHフェースSS22は、飛びの3要素までも最適化
    「ROGUE ST MAXフェアウェイウッド」には、このモデル専用にAIが設計した、フェースカップ構造のFLASHフェースSS22を採用しています。FLASHフェースSS22は、従来のようにボール初速の向上やターゲットゴルファーの打点位置が考慮されているだけではありません。今回は飛びの3要素である、スピン、打ち出し角、ボール初速の組み合わせまでも含めた新しいアルゴリズムによってAIが設計し、テスト。よりモデル別、ターゲットゴルファー別の最適化が進んだフェースへとアップグレードされています。W#3~5のフェースカップの素材には、肉薄化、軽量化が可能な強度の高い素材、C300マレージング鋼(W#7にはカーペンター455スチール, W#9, W#11には17-4スチール)を採用。ボール初速の向上に貢献しています。
    ※W#9, W#11には、FLASHフェースSS22は非搭載です。
  • AI JAILBREAK STにより、フェースカップの端までたわむ
    ROGUE STフェアウェイウッドシリーズにおける最大のトピックが、AI JAILBREAK STの搭載です。従来のJAILBREAK AIベロシティブレードで見られたブレード形状から、三日月のような形状に進化。搭載位置も、2つがより離されて、フェース面近くのトウ・ヒール部へと変更になりました。これにより、フェースにエネルギーを集中させる効果は維持しつつ、フェースカップの端までしっかりとたわませることが可能となり、ボール初速が最大化。また、2つのAI JAILBREAK STによって、トウ・ヒールの慣性モーメントも高まっており、ヘッドの動きの安定性やミスヒットへの強さも向上しています。
    ※W#9, W#11には、AI JAILBREAK STは非搭載です。
  • NEW タングステン・スピードカートリッジを前方に設置し、低・浅重心化
    ROGUE STフェアウェイウッドシリーズでは、新たにタングステン・スピードカートリッジを採用し、ソールのフェース寄りの位置に配置しました。フェアウェイウッドで重心を深くした場合、インパクト時にヘッドがアッパー軌道となったり、ロフトが寝たりして、思うようにミートできない事象も起こります。そこで、ROGUE STフェアウェイウッドシリーズでは、低・深重心のドライバーとは異なり、低・浅重心化。フェースでボールをしっかりと捉えやすくし、安定して充分なボール初速を出せるようにしています。またタングステン・スピードカートリッジは、フェース下部でヒットした場合のボールスピード向上にも貢献しています。
    ※W#9, W#11には、タングステン・スピードカートリッジは非搭載です。
  • 丸型でドローバイアスのヘッドから、ストレートなビッグボール
    ROGUE STフェアウェイウッドシリーズのクラウンとソールのトウ側には、トライアクシャル・カーボンが採用されています。剛性が高く、とても軽量なため、余剰重量を生み出して重心の最適化を促進しています。「ROGUE ST MAXフェアウェイウッド」は、キャロウェイらしい丸いヘッド形状をしており、ややドローバイアスの設定。ストレートな弾道で、やさしく大きく飛ばすことが可能なモデルとなっています。
ROGUE ST MAXフェアウェイウッド