Your browser does not support JavaScript!

新しいAPEXシリーズ(アイアン)を打ってみた! | キャロウェイゴルフ公式サイト

新しいAPEXシリーズ(アイアン)を打ってみた!

2021.01.20 招待する
1月20日には、リニューアルされたAPEXのアイアンシリーズも発表になりました。しかも、従来からの「APEXアイアン」「APEX PROアイアン」という2つのモデルに加えて、新たに「APEX DCBアイアン」もラインアップに登場し、3機種で展開されることになったんです。

この3つのモデルに共通している注目点としては、まず、初めて鍛造ボディにAIデザインのFLASHフェースカップ(*1)が組み合わされたアイアンであるということが挙げられます。FLASHフェースカップはモデル別、番手別の設計が施されており、ボール初速の向上、高初速エリアの拡大、番手ごとに求められるスピン量への最適化が図られています。

*1 APEXアイアン、APEX DCBアイアンはI#4-9で採用し、PWはフェースプレートを搭載。APEX PROアイアンはI#4~7で採用し、I#8~PWはX FORGED CBアイアンで採用されたツアーチューンド・フェースプレートを搭載。

AI デザインのFLASH フェースカップ。ボールスピードが向上し、スピン量も番手ごとに最適化されている *イメージ図
 

重量配分を精緻に調整することができる独自の技術、タングステン・エナジー・コアも見逃せません。「APEXアイアン」「APEX PROアイアン」では、前作を大幅に上回る重量(*2)のタングステンを搭載。なかには、倍増以上となっている番手もあるほどです。また初登場の「APEX DCBアイアン」でも同様に多くのタングステンが使用され、理想的な重量配分を実現。ボールの上がりやすさや、ミスヒットへの寛容性を向上させています。もちろん、こちらも独自の技術、ウレタン・マイクロスフィアも、全モデルに採用されています。
*2 番手によって異なります。

赤く示されているのが、タングステン・エナジー・コア。相当な重量のタングステンが搭載されている *イメージ図
 

モデル別の特徴も見ていきましょう。「APEXアイアン」は、ほどよいオフセット、ほどよいトップラインの厚み、ほどよいキャビティバックの深さを持った、幅広いプレーヤーに対応するアイアン。先述のように、今回は前作を大きく超える重量のタングステンが搭載されていますが、これを実現するために、ボディのヒール側部分にある肉を削減するという方法が採られています。これによりタングステン・エナジー・コアには、最適化するための自由度がより与えられ、さらに、ピークボールスピードエリアが前作以上にフェース中央へと配置されることにもつながりました。

新登場となった「APEX DCBアイアン」の「DCB」は、「Deep Cavity Back(深いキャビティバック)」から来ており、その名のとおり、キャビティバックはAPEX アイアンよりも深いものとなっています。またオフセット、トップラインの厚み、ソールの幅も、APEXアイアンより大きく、よりやさしい鍛造アイアンに仕上げられています。ロフト角は、番手によって違いはありますが、総じてAPEXアイアンとそれほど大きな差はありません。鍛造アイアンにさらなるやさしさを求めるプレーヤーや、まだゴルフ歴は浅いながらも上達を志しているゴルファー、憧れの鍛造アイアンを求めている方などにとっては、絶好のモデルと言えそうです。

前作から大きな変貌を遂げたと言えるのが、「APEX PROアイアン」です。従来はキャビティバックを持つモデルでしたが、今回は中空構造が採用されました。ただ、中空構造とはいえ、少なめのオフセット、薄いトップライン、幅がやや狭いソールなどはそのままで、まるでマッスルバックアイアンのようにも見えるシャープでコンパクトなヘッドに仕上がっています。上級者が求める構えやすさや操作性を維持しつつ、安定性や寛容性をプラスしようとしたとき、中空構造が最適解だったということなのでしょう。

さて、実際に3つのモデルを打ってみての感想ですが、「APEXアイアン」「APEX DCBアイアン」で何より印象に残ったのは、ボールの上がりやすさでした。5番を打ってみたのですが、筆者の自前の5番アイアンとは、打ったあとのボールを追う目線の高さが、一段階違っているという感じでした。いつもどおりにスイングするだけで、楽にボールを高く上げてくれます。しかも、その弾道をより安定して打てるのだから驚きでした。やはり、重量の大きくなったタングステン・エナジー・コアが威力を発揮しているということなのでしょう。

「APEX PROアイアン」(試打したのは7番)は、マッスルバックのようなフォルムもそうですが、構えたときの佇まいも、まさに上級者向けアイアンです。ボールにセットすると、ヘッドのコンパクトさ、鋭さが際立ちます。しかしながら、その見た目とは裏腹に、こちらも安定して良い弾道を放つことができます。これぞ、中空構造のやさしさという感じです。

左から/「APEX DCBアイアン」「APEXアイアン」「APEX PROアイアン」
 

そして、それ以上に感銘を受けたのが、打感と打球音です。中空アイアンといえばこれまで、打感、打球音が悪いというイメージでしたが、APEX PROアイアンにはそんな雰囲気はないように感じました。APEXアイアン、APEX DCBアイアンも打感、打球音はとても良かったですが、APEX PROアイアンを打って、よりウレタン・マイクロスフィアの効果を知ったような気がします。もしかしたら、ウレタン・マイクロスフィアがあったからこそ、APEX PROアイアンは中空構造を選択することができたのではないかとさえも思いました。

「APEXアイアン」「APEX DCBアイアン」「APEX PROアイアン」はいずれも、2月26日発売(予定)です。キャロウェイWEBサイトの製品ページにもすでにアップされていますので、ぜひさらなる詳細をチェックしてみてください。

<2021 新製品 スペシャルサイトはコチラ!>
■ EPICドライバーシリーズ
「EPIC SPEEDドライバー」 「EPIC MAXドライバー」 「EPIC MAX LSドライバー」

■EPICフェアウェイウッドシリーズ
「EPIC SPEEDフェアウェイウッド」 「EPIC MAXフェアウェイウッド」

■APEXユーティリティシリーズ
「APEXユーティリティ」 「APEX PROユーティリティ」 

■APEXアイアンシリーズ 
「APEXアイアン」「APEX DCBアイアン」「APEX PROアイアン」

<キャロウェイニュース取材班の体験レポ! 「新製品を打ってみた!」 はコチラ!>
​​​​​​​■ 新しいEPICシリーズ(ドライバー)を打ってみた!
■ 新しいEPICシリーズ(FW)&APEXシリーズ(UT)を打ってみた!
■ 新しいAPEXシリーズ(アイアン)を打ってみた!