Your browser does not support JavaScript!

キャロウェイゴルフ公式サイト

text.skipToContent text.skipToNavigation
191224img1

「もっと飛ばしたい!ゴルフ女子向けイベントwith上田桃子」に潜入してみた!

2019.12.24 シェア:
2019年12月13日に開催された、飛距離に悩む女子のためのイベントに、ゴルフ好きのライターが潜入してきました。ゴルフヨガで飛ばしに必要なストレッチ&体幹トレーニングをした後、上田桃子プロによるワンポイントアドバイスを受けられるという豪華さ! その前後で飛距離を計測してどれだけ伸びるかを体感し、上田桃子プロとの2ショット撮影、さらに希望者にはクラブ選びのフィッティングも実施。少人数制ならではの和気あいあいとした雰囲気で、盛り上がっていたその様子をレポートします。

まずは飛距離の計測。EPIC FLASH STAR WOMEN’S ドライバーで1人4分間の試打を行い、最長飛距離を記録します。

次に、ヨガインストラクターの山川恵里先生による、「飛ばせるゴルフヨガ」を体験。飛ばしに必要なストレッチや体幹トレーニングを約20分間行いました。上田桃子プロもぜひヨガをやってみたいということで、急遽飛び入りで参加することに。普段はピラティスをトレーニングに取り入れているそうですが、体がかたいからヨガは少し苦手なんだそう。とはいえさすがの体幹で、参加者と一緒にゴルフヨガを楽しんでいました。運動不足の私は、少し体を動かしただけで肩がゴリゴリと鳴っていました(苦笑)。が、久しぶりに肩甲骨が動いて、体がポカポカに。日々のストレッチって大切ですね。

そしていよいよ、上田桃子プロによる飛距離アップのためのワンポイントレッスン。

やって欲しいのは「1日10回スクワット」、「素振りをすること」この2つなんだそう。飛距離を上げるためにはヘッドスピードを上げることが大切で、そのためには手だけで振るのではなく、体で打つことが重要。でも女性は体で打とうとすると、捻転ではなくただ回転しているだけになってしまう人が多いそう。1日10回でもいいからスクワットをすることで、骨盤のラインが動きすぎず、ストッパーができるようになるんだとか。そしてもう一つ、ヘッドスピードを上げるための素振りの仕方もレクチャーしてくださいました。まず普通に素振りを2回、ヘッドを手元側にクラブを持ち替えて3回、最後にクラブを戻して普通に1回。最後の1回はクラブヘッドが自分の前を追い越すイメージで。

シンプルですが目からウロコのアドバイスで、早速実践してみようと思いました。ちなみに参加者からの「スライスに悩んでいる」という質問へのアドバイスは、とにかく「軸を意識」とのこと。女性は特に軸がぶれて、体が傾いて回転していることが多いそう。軸に対して平行に回転できればヘッドスピードが上がり、まっすぐ飛ぶようになるんだとか。体の使い方や軸の意識の仕方など、とても勉強になりました。

このヨガとワンポイントアドバイスでどれだけ効果が発揮できるのか、参加者は再度ドライバーショットにトライ。なんと半数以上の人が飛距離アップに成功!すごい!! 驚いたことに10ヤードもアップした人までいました。妊娠&出産による飛距離ダウンに悩んでいた私も、5ヤードほどアップしました。感激です! この後、上田プロとの2ショット撮影という豪華すぎるファンサービスも。とても気さくで、丁寧に一人一人と握手を交わす上田桃子プロ、ファンへのサービス精神も人気の理由ですね。

「ゴルフヨガもスクワットもぜひ家で実践します」
「ゴルフヨガは肩こりにも効果ありそう」
「最近基本を忘れていたので、軸とか体の使い方とか体幹とか、改めて意識したい」
「飛距離は残念ながら伸びなかったけど、上田プロに会えただけで感激」
と、参加者のみなさんも大満足の様子。